親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

こんな嫉妬があるなんて。

こんな話、誰にも話せませんのでココに書かせてください(^_^;)


K田さん・・・

この方は、私の彼と一緒に仕事をしている60歳目前の男性です。

この男性、既婚者でお子さんもいらっしゃるようですが、

単身で彼の住まいのある同じ駅の近辺に住んでいるらしいのです。

彼と同じ会社に勤めているし、仕事も絡みますし、

もちろん彼と一緒に出掛けることもある・・・


何が言いたいかと言いますと、

K田さんは、彼の事が好きなんですーーーーー!!!!!


彼と一緒にいると、K田さんからメッセが入ってきたりしてます。

仕事の事、それ以外の事ももちろん、写メが付いて来ることも。

「お昼はこれを頂きました~!」的なコメントと共に。

「今、〇〇にいます~これからお茶でもどうですか?」


やり取りを読ませてもらうと、

明らかにK田さんは彼に好意を寄せてるのが分かるんです。


私「これって好きな人に送る内容だよね?(^_^;)」

彼「うん・・・僕もそう思う(笑)」


彼と一緒に居る時は、そんな話も軽く出来るんです。

でも会えないでいる時は、心穏やかではありません・・・



別の日。

私「来週だけど〇日か、△日、夜空いてる?」

彼「〇日はミーティング入ってるけど、△日なら・・・

  あ、でも△日はK田と同行だから帰り捕まるな、ごめん」


また別の日。

彼「今日はもう帰宅してます~」

私「今日は早いのね。お疲れ様です~~」

彼「(彼自宅の最寄り)駅でK田に捕まった(^_^;)

  鳥料理が食べたいと言ってます・・・帰れないなぁ」


またまた別の日・・・それは昨日!

私「お疲れ様です~今日も飲み会?」

彼「もう既に7杯も飲んでベロベロです~」

私「え!じゃ、随分早くから飲んでたんだね(笑)」

彼「・・・今、K田からお誘いが(-_-;)

  今日は既にベロベロだから断ったのに、ダメだ~~

  あきらめてくれない・・・(-_-;)」



なんなのーーー!!!

誰に断わって誘ってきてるのよ (ー_ー)!!!


私「ちょっと~!なんで恋人みたく~!やな感じ!(-"-)」

彼「でも男だよ?奥さんなら分かるけど・・・」

私「奥さんの方がよっぽどイイ!

  K田さんは私と同じであなたのこと好きなんだもん!」

彼「あはは(^_^;)まいったなぁ・・・(笑)」



K田さんは、彼の事が好きというグループの一員、

私と同じカテゴリーなんです。

それを考えると悔しくて仕方ないのです(-"-)(-"-)(-"-)

コソコソすることもなく、それはそれは堂々と、

自分の意志や都合で簡単に彼を誘ってくるK田氏。

マイペースさで空気読まず・・・(-"-)


彼には、私という彼女がいるんですからね (ー_ー)!!


そんなこと言えるはずもない関係ですが、

60歳目前にした男性に、なんでこんなに嫉妬するのかと、

冷静に考えたら可笑しくて仕方ありません(笑)

いや、多分相手は誰であっても妬いてしまうのです!


「女性は結さんだけですから (*^_^*)」


そう?ならば良しとしますか~~♡♡♡