親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

一番幸せ。

昨日の夜遅く、彼からチャットが入ってきました。

飲んでいたらしく、帰りは終電になったようです。

こんな時は、彼は絡んで来ます(笑)

私の落ち着きを乱すような、そんな事を言われたら困るなぁ😓

妙に身構えるようになりました😅


案の定!

例えばだけど、って質問してきます。

もう、内容は割愛します。

彼と話して分かったことは、彼は一途。私にヤキモチを妬いて欲しい、

ヤキモチから自分が思われてることを実感したい人。

誰にも見せない、誰にも言えないような秘密を自分だけに見せて欲しい、

そしたら大切にしたいと気持ちが高まる。そんな人です。


夜中のチャットは、いつの間にか寝落ちしてしまいました😅



今朝、通勤電車に乗るタイミングでチャットが入りました。


「おはよ」

「結さん、会いたい」


嬉しい〜〜✨✨

こんな風に言われる事って滅多にありません。

確認すると、ガチで会いたいらしいのです。本当に?絶対会いに行く〜😍


出社時間をずらし、彼と渋谷で待ち合わせしました。


「今日はワガママ言ってゴメンね。

ワガママきいて欲しかった」


そんな事を言う彼。

どうしたんだ〜〜!!

いったい何があったの〜〜!!

嬉しくて嬉しくてたまりません。


コンビニで飲み物と軽く食べ物買ってホテルに直行しました。


ホテルに入ると、いつも私の上着をハンガーに掛けてくれます。

そして、「会いたかったよ」とキスしてくれます。


その後、彼にリクエストされたのが、

「ストッキングとパンティ脱いで」

服は着たままです。その後、

「ベッドの真ん中に座って」

「スカートめくって、足開いて」

「撮っていい?」


私は素直に応じました。

彼にしか見せない私を見てもらい、

私の想いを知って欲しい…


彼は喜んでくれていました。

興奮した彼は、服を着たままの私を

後ろからスカートを捲し上げて…

私も彼の気持ちが嬉しくて、

「今日は大丈夫な日だから、私の中に出して。貴方でいっぱいにして」

と、大胆な事を言っていました。


彼は直ぐにイク人ではないのに、

この時は早かった…

彼も我慢出来なかったんだと思いました。


その後も止まりません。

1ヶ月以上ぶりの彼の身体を私は思う存分堪能してしまった。

彼が愛おしくてたまらない、

私は彼の感じるところを愛しまくる。

そうしたい気持ちが止まらないのです。

彼の感じてる声、表情、私の興奮を掻き立てるのです。


「そんなところまで舐めて嫌じゃないの?」

彼が聞きます。


嫌ならそんな事しません。

彼を愛したい気持ちでいっぱいになる、それだけなんです。

燃え尽きた後は、彼の疲れた身体をマッサージしてあげるのもまた幸せで、

彼は、そんな私の愛情に包まれて幸せそうでした。


「結さんて本当に優しい。

 気持ちが伝わってくる。

 こんなに尽くされた事ない…」


大好きな彼に尽くせる喜びでいっぱいになりました。

そんな思いに彼が応えてくれて、

私達は確かにお互い無くてはならない2人なのだと思う事が出来ました。


彼の気持ちが、今日は違った。

今までになく彼は素直でした。

彼と出会ってから、一番幸せな1日でした。

大きな幸せに包まれて、

不思議と彼とバイバイする時も寂しさを感じなかった。


今日は4月1日。

年度始めの今日がこんなに幸せだと、

今年度は最高の一年になりそうだ!

そう言った私に彼が、


「本当だね、そう思う!」