親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

逆に。

この週末は忙しかったんですが、

疲れがたまったまま月曜日が始まってしまいました(>_<)


土曜日は次男の卒業した中学のサッカー部でお別れ会をやってくれて、

朝から紅白戦をした後、

学校の図書室でお別れ会をしてくれて、

夜は3年生とその保護者、顧問の先生としゃぶしゃぶ食べ放題のお別れ会。

古くは次男が保育園に通っている頃からの友達もいる。

多くは小学校、中学校と一緒にサッカーを共に頑張ってきた仲間と、

その息子達を支えて応援してきたママさんたち。

とても名残惜しかった。

感謝の気持ちでいっぱいになりながら1日過ぎ、

1人になる時間も殆どなくて、彼にはチャットがあまり出来ないでいました。


「さみしい」と午前中にチャットが入っていました。


「私はいつもあなたの側にいます。

 気持ちはいつも寄り添っていますから」


私の正直で素直な気持ちです。

すると、


「嘘だ。土日は僕の側にいてくれない。

 僕は土曜日、貴女の為に空けているのに」


そんなぁ。先週土曜日は一人旅にも出てたし、

土曜日は奥さんが仕事だからそもそも自由なんでしょ。

奥さんと何かあったのかな・・・って頭によぎりました。


彼の攻撃は珍しく続きました。


「ゲームしてます。

 僕がゲームするなんてよっぽどです。

 以前の僕なら出会い系に走ってたけど」


「家族の為に過ごしてるんでしょうから、

 土日のチャットはもうやめよう。

 家族との時間を大切にしてください」


ちょっと待って!

それだけは受け入れられません!


「そんな寂しい事言わないで!

 しょんぼりしちゃいます」 

 

そう返すも、

なんでなんで、この展開!!

なんでチャットしないってなるの?

しかも、私何か悪い事したか?してない!

何が気に入らなかったの?反応が遅かったから?

そんなの貴方がいつもしてることでしょ~~(T_T)


そのうち放っておけば直るかな。

どうやったら気持ちの方向転換できるんだろ。

うーん、言葉がみつからない。


「私は好きですから。

 あなたに突き放されても、それでも」


それだけを送って寝るはずでした。でも直ぐにチャットが入り、


「じゃ、気持ちの分かる写メの一枚でも送ってよ」


えぇ~。

もうお風呂入ってスッピンで、スウェットきてベット入ってるのに。

「撮れないよ~~(泣)」


私は眠気に勝てず、そのまま寝落ち。

気付いたら朝になってました。


「撮ってくれない・・・」

「結さんなんてキライ」



チャットが残っていました。

そこで気づくんです。

彼は、私が自爆して攻撃しても、根気よく相手してくれた。

僕の気持ちは変わらないよ、安心して、

とにかく興奮した私をなだめるように、

とことん私に付き合ってくれました。

私は愛されてるじゃないかとそう思えたんです。

しかも彼が暴走?立場が逆転?(^_^;)


彼の気持ちをほぐしてあげなきゃ。

家族が起きてくる前にメイクして着替えて、

(そもそも出かける予定でしたから自然な成り行きですよ)

彼の喜びそうな写メを送りました。


「すき」


短い一言メッセが入ってました。

写メが欲しかったみたいなんですよ。

他の人には絶対見せられないような写メを送ってって言います。

それがたまらないようなんです。


「僕だけの結さん♡」


彼は嬉しそうでした。

機嫌直してくれた~~(T_T)

さぁ、そう来ればいつもの私で押すしかないです(笑)

今後、彼の自爆が見られる時が来るかしら(^_^;)

見たいような、見たくないような・・・