親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

私の故郷。

2019年に入り、彼と2回目の逢瀬。
お正月実家に帰っていた私は、
まず1回目の逢瀬でお土産として地元のお菓子を渡し、
そして2回目は引き続きお土産の酒の肴的なものを渡しました。
喜んでくれていました~~(*^_^*)


彼は日本の一都一道二府四十三県、仕事で出張したり、
プライベートで旅をしたりと、日本列島を制覇してるはずだと言っていて。
でもただ一箇所、行った事ない県があることに気付いた彼。
それが私の故郷だったのです。


彼「僕が行ったことない所は結さんの故郷、〇〇県だけだ!」
私「えー。他は全部行ったことあるの?」
彼「うん。逆に行ったことないところは無いと思ってた位だけど」
私「じゃ、〇〇県には私と一緒に行くってことなんだわ(^^)」


私は彼を連れて行って食べさせたいもの、見せたいものがあるんです。
世間の皆さんからはあまり人気のない県ですが(^_^;)
海と山に囲まれた自然環境が自慢の街です。
私の故郷は歴史とロマンの里であり、
街のシンボルであるお城、そして城下町、
海は白砂青松、並行して連なる、
日本三大松原のひとつである松原の景観は見事です。
また、山からの眺望は心が洗われるようで、天下一品です。
まぁ、こんな地元愛が出てきたのは地元を離れてからです・・・
それまでは何もないただの田舎だと思っていましたから(^_^;)


そして、彼に一番食べて欲しいものといえば、これです。

烏賊の活き造りです~~(^^)
彼には、活き造りになってもこの烏賊の足が動いている動画を観せ、
お刺身として頂いた後は、てんぷらにしてくれるんだよと自慢(笑)
必ず彼を連れて行くと心に決めています。
いつか行けるよ、無理だなんて思っていない。
思考は現実になると言いますからね、絶対叶います!(^^)


実はお土産を渡す前に彼がラーメン屋さんに連れて行ってくれまして。
私たちがよく行く愛の確認部屋の近くにあります(笑)


彼「いつも晩御飯食べない結さんを連れて行くのはどうかと思ったけど、
  人気のラーメン店なんだよ、みんな美味しいって言うんだ(^_^;)」
私「ラーメン好きだよ!行こう行こう!」


私はいつも夜は晩酌するので、お酒と肴があれば良いのです(^_^;)
この歳になると代謝も悪く、しかも油断するとすぐ太る体質なので、
ご飯とか麺類などの炭水化物は朝と昼に摂ると決めていますが、
たまには良いよね、翌日のカロリーを抑えれば良いから!と、
もやしたっぷり「もやし麺」を注文しました~

もやしたっぷりで、醤油ラーメンですから重くない!
焦がしネギなのか何なのか、焦がした何かが良いアクセント(^_^;)
彼はワンタン麺を注文し、ワンタンを分けてくれて、
味玉も私にくれました~~優しいなぁ(T_T)
ラーメンは美味しかったです(^^)
私、食べ物は基本的に嫌いなモノがありません。
何でも美味しく食べられる事が幸せです♬