親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

彼は安定剤。

彼「今日、〇〇に来れる?」


昨日、就業時間終わるという頃、彼からの急なお誘い。
すぐさま頭に過ったことは今日の下着・・・
あー・・・綿素材でお尻もお腹もすっぽり隠れるやつだ!
お色気ゼロです、むしろマイナスね・・・((+_+))チーン。


私「お仕事終われるの?」


数分経っても返事は来ない。
明日ではどう?なんて書いてみるも、いや彼は今日なんだよね。
返事を待って行動してては時間が勿体ないので、向かう事に。
この際、下着は履いてない設定でいこう(ー_ー)!!(爆)
私が到着する頃にやっと彼からチャットが入る。


彼「いまどこ?」
私「もう着きます~」


多分彼はまだ会社にいる。
私がもう着くと聞いて、焦りながらも帰れるように奮闘してると思う。
間もなくして彼からチャットが。


彼「会社出る!」


ほらね(*^_^*)
もう分かるのだ、何となく。
彼が急いで向かって来てくれている間、
コンビニで適当に飲み物と食べ物を調達して彼に連絡をする。
すると彼が目の前に現れて、すんなり会う事が出来ました。
彼に、会うのはいつぶりか聞かれて、17日ぶりだと答えると、


彼「え?そんなもん?
  もう1ヶ月も2ヶ月も会ってない様な感じがしてた」


そう言われて機嫌上々~ヽ(´∀`。)ノ・゚


彼「結さんが明日はどう?って聞いてきたから、
  今日は無理かなってそんな風に思ってたのに。
  ゲッッもう向かってる?って慌てたよ」


私「ゲッッってなにΣ【*゚д゚*】!」
彼「ゲッッ時間ない!っていう意味だよ~(^_^;)」
私「ふーん・・・(-_-)」


言葉のチョイスって難しいよね~(^^)



彼と平日夜の定番のお部屋に向かう。
エレベーターに乗り込むと、まず軽くチュッと交わす(^^)
嬉しすぎて、ダラシナイ顔になってるのが自分で分かる(笑)
まず買ってきたものをつまみながら休憩。
彼の顔を眺めながら幸せに浸っていた。


彼が体勢を変えベットに座り、おいでと呼ばれ。
私は立ったまま、彼がしゃがんで私のタイトスカートを摺り上げ、
タイツと一緒にあの綿パンツを脱がす・・・(///ω///)♪イヤン~
パンツを単体で見られる事なくホッとする!笑
それも束の間、彼の舌が花びらをなぞり・・・
花びらの奥まで刺激され、身体がビクンビクンと反応する。
私はそこを強く吸われるのが好きで(/ω\)
むき出されたそこを彼の舌が唇が包み込んできて、
キューっと吸引され、私は果てる・・・


彼「結さん美味しい、ごちそうさま( ♥︎ᴗ♥︎ )」


蜜でも吸われたかのような、ゴチ発言に照れてしまう(^///^)
身体の準備は整い、彼を受け入れたら何とも幸せな気持ちになる。
果てた後は、彼が愛おしくてたまらない。
彼を抱きしめて頭をナデナデしたくなるけれど、
僕の事はほっといて、そっとしといて、という空気。
性欲が燃え尽きて「無」になってるのね?(^_^;)


愛の確認作業と皆さんが言うけれど、本当にそのとおりだと思う。
彼から「愛してるよ、結」なんて言われながら抱かれると、
心が悦びで満たされていく。
確認することで気持ちは安定するものなんだね。
私は誓った。


私「もう寂しくても絶対怒ったりしない、ホントだよ(^^)」


そのセリフを自分に言い聞かせるように何度も言った。
彼はニコッとしていたけど、信用されてないかもなぁ(^_^;)
今までが今までだからなぁ・・・(-_-;)トホホ。