親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

第3の人生プラン。

彼はこの週末に有休を付けて、実家へ帰省していました。
彼の夏休みですね(*^_^*)
帰省するときは基本的に彼一人。
数年前に家族4人で帰省した時に奥さんから言われたそうです。
「もう二度と行くことはありませんから」と。
今回彼は、お墓参りと実家の片付けをすると言っていました。
彼の実家は大きな古いお屋敷で、蔵もあるお宅。
実家の前の通りを写メで送ってもらいましたが、
先日彼にお誕生日イベントで連れて行ってもらった「蔵の街」と
雰囲気が凄く近いものがありました。
以前は、その通りも地元の人や観光客で賑やかだったらしいのですが、
今は閑散としていて、すっかり寂しくなっている様です。


彼「お墓の掃除をして、お参りしてきたよ~
  いつか結さんも一緒に掃除してくれる?」
私「するする~」


チャットで返事をした私。
その直後、夫が私の側を通りかかったのでチャットを閉じました。


彼「ほんと?あ、逃げたー」


直ぐにチャットを再開し彼のメッセを読んだ私。


私「逃げたなんて、人聞きの悪いこといわないの~(^_^;)」
彼「だって思い切って言ったのに~(-_-;)」
私「うんうん、ごめん~(^^)」
彼「新しい妻ですって行く?(笑)」
私「それは怖いね~(^^)(笑)」
彼「さっきね、LINEで妻にも言ったんだ。
  お墓に入りたくなかったら早くハッキリ言った方がいいよと」
私「ふーん。奥さんにちゃんとLINEしてるんだ(-_-;)」


奥さんへの話の内容より、LINEしている事が気に障る(笑)
でもその後、彼とゆっくり長話ししたので満足です。
ちょっと彼の機嫌を損なう話になって、


彼「結さんは僕のものだからね。旦那さんから奪いたい」


なんて言われ、愛されてるなぁと嬉しく思いました(^_^;)
段々気持ちが大きくなる彼が大好き!
愛情はそうでなくちゃ。時間と共に増していかなきゃ♬ 


お墓の話ですが、彼のご実家のお墓を掃除したい気持ちがあるのは、
彼のルーツであるご先祖様に感謝の気持ちでいる事、
あと彼が入るお墓なのだから、
やっぱり場所を把握しておきたいのです(^_^;)
あと彼の奥さん、彼のご実家のお墓には入らないと思います。
こっそりお墓参りが出来るかもしれません・・・
こっそり?いや、普通にしているかもしれません・・・
先の事は分かりませんからね。


私だって、嫁ぎ先のお墓に入るつもりはありません。
お墓参りは年に2回、欠かさずしているけれど、
現世で絶縁している人と同じお墓に入れる訳がありません。
だから正直言うと、私は旧姓に戻りたいのです・・・
九州の自分の実家のお墓に入れてくれるなら入りたい。
そして私は、こんなことを考えてしまいました・・・


私が今の会社を定年退職した後、
私は彼の実家のある街に移住して、
かつての活気を取り戻すべく、活性化の為に何かしたいと。
具体的な案があるわけではありません。
何かお手伝いがしたいのです。
「地域活性化プロジェクト」的な活動に携わって、
例えば地元のイベント活動や、お知らせ等を載せる新聞を発刊したり、
地元の人が気付いてない魅力をどんどん発信したりして、
その地域の為に尽くしてみたいと思うのです。
それが彼の実家のある街だったら、すごくやる気出せるから(^^)
もちろん彼もその時は実家に暮らしていて、
私は彼のお宅の所有するアパートに賃貸で暮らすのです。
もしくは、彼の実家の一部屋を間借りするのが可能ならそうして。
なんなら住込みのお手伝いさん扱いでも良いのです。
第3の人生のプラン、ふと考えてしまいました・・・



目の前の現実は、自分の中の潜在意識が作り出しているんだそうです。
最近、自己啓発的なブログや、スピリチュアルな記事も好きなので、
そのようなものを読んでいると自分の思考が現実を作っているのだと
納得させられる部分が大きくて。
私は幸せになるために、不要な感情、不要な人間関係も排除し、
そう、早い話が断捨離です。
親しくする人はほんの少しでイイ。好きな人だけと関わりたい。
そして楽しく幸せな結さんワールドを築いていくのです(^^)


その夢の舞台は、彼の故郷です。