親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

将来の夢。

スピリチュアルな世界って皆さん興味ありますか。
私は美輪さんと江原さんがやっていた番組、
「オーラの泉」が大好きでした。
私は霊感など全くなくて、見えたりすることもないです。
ただ昔から凄く興味はありました・・・


先月記事にしましたが、私の友人の蘭子さんとママ友Rちゃんとのランチで、
蘭子さんがお祓いをしてもらったという、
ある方に鑑定をお願いしていて会いに行ってまいりました。
彼と離れてた10日間に、私は衝動的にその方へ連絡をしたのです。
彼とのことを聞いてみようと、そう思った訳です。
しかも、おっぱいの異変も気になる。
本当のところを聞いて、受け入れようと思ったのです。
でも予約の日が近づくにつれ、彼と連絡が取れて愛情も再確認し、
彼との関係が前より安定したことを実感しました。
彼とのことは聞く必要がないと判断し、
とにかく私を守って下さってる守護霊様の声を聞きたいと。
ママ友のRちゃんと行ってきました。


私は家族の写真を持参してましたので、一先ず見て頂きました。
その方はまず長男を指し「気管支が弱いですね」と。
高校卒業するまで運動部の主将だった長男です、体力もあるし健康優良児。
ただ、今はタバコを吸っているんです。
「タバコ・・・ですかね?」と不安気味に聞く私・・・そして。
「結婚が早いです。23~4歳だと思います。
 お相手は今お付き合いしてる彼女だと思います。
 ただお相手的には前の彼女の方が良かったですね。
 今のお相手にはちょっと大事にされてない感じがします(苦笑)」


たまたま先月ですが、関東地方に大雪が降った日。
彼女がうちに遊びに来たんです。まさかお嫁さんなんて思わないので、
そんな目で見てませんでした・・・(笑)


そして、夫。
「胃腸が弱いですか?お腹壊しやすくないですか。
 気になるのは大腸・・・右上のところが詰まりやすくなっています。
 お風呂に入ったときに撫でるだけでも良いですからマッサージをして下さい。
 冷えには気を付けてください、特に足元。」


言われたまんまです。
胃腸が弱く、すぐお腹下すのです。
通勤時に駅のトイレに行くのが日課みたいなものです。
そして男性なのに冷え症。靴下はいて寝ています。
大腸がんを防ぐためには、温めることだと言われました・・・


どういう訳か、最近次男の写真を現像したばかりなのに、
その写真が見当たらず(-_-;)
次男だけスマホの画像を見せる事に・・・
「あ、彼は大丈夫です!
 友達が多いですね。友達に助けられています」と言われ、
思わず笑ってしまった(^^)それだけですか?(笑)
でも友達が多いというのは大正解。
男女問わず、先輩後輩問わず友達が多くて、
勉強は出来ないけれど、人としての魅力は大いにあると思っています。
親バカ全開ですみません・・・


さて本題を聞きます。私が一番聞きたかったこと。
絶縁を宣言した私の行動は良かったのか否か。
「もう2度と会わなくて良いそうです。守護霊様がそうおっしゃってますよ」
「守護霊様?どんな方なんでしょうか」
「母方のおじいさんで2人付いてらっしゃいます」
「守護霊様は自分と似たタイプだと聞いたことがあるんですが・・・」
「そうです(^_^;)守護霊様みてると結さんの性格が分かります。
 結さんは男性的なところがありませんか?」


いやいや、思い切り思い当ります・・・
自分は気持ちは女性だけど、気質が男性的だと思う事が良くあります。
なるほどなぁ・・・
私の性格だと女の子は育てられそうにないと思っていたけど、
こういうことだったんだぁと妙に納得(^_^;)
そして続きます。絶縁したその人は、
「先ゆき、あまり長くないですよ。突然亡くなります。
 心筋梗塞・・・いや、脳梗塞ですね、脳です。
 80歳までは生きられません・・・」
先行きが見えてちょっと安心しましたが、
確実にあと数年は生きるのですから、
長男の結婚とどちらが早いかってところでしょうか・・・


「お子さん本当は3人だったんですよ」と突然言われました。
「いえ、2人しかいませんが・・・」
「流産されてないですか?」
「私は妊娠も2度しかしてないですし、流産した事は無いと思います」
「自然流産てことは?出血の量が多い時ありませんでしたか?」


そう聞かれて確かに1度、凄い量の出血があったんです。
2日目の量とも比にならない位、大量出血した時がありました。
下の子が小学生の3~4年だったでしょうか。
生理と思っていましたが、それにしてもビックリするほどの出血で、
まるでおもらしした様だったのです・・・


「あ・・・あります、凄い出血ありました」
「じゃその時でしょうね・・・女の子だったんですよ」
「え・・・女の子?本当ですか・・・」
「その子が次、ご長男さんのお子さんとして生まれてきます。
 結さんの元に行くとその子が決めてますから。1人目の女の子がそうですよ」


待って~~(T_T)泣きそうですから~~(T_T)
子供はお母さんを選んで生まれて来るそうですね。
きっと余裕がない家計の事情や、夫婦仲が良くない事、
私が苦労する事をその子は察して孫として生まれる事を
選択してくれたのかもしれませんね・・・(T_T)
その子に対する愛情が半端なくなる~~~
長男の妹になるはずだった子が、長男の娘として生まれ、
自分の娘になるはずだった子が、私の孫なんだ・・・
しかも5年以内ですよと言われ、私は40代でおばあちゃん!?
本当に???私がおばあちゃん???早くない???(・_・;)


今回のこの話は、次男にだけは話したんです。
どの話が一番早く現実になるか、覚えていてと言う意味で。
本当は妹がいたと言う話については、姪っ子で生まれる妹を
思い切り可愛がってやろうと言っていました・・・(涙)


でも私は自分が死ぬ時にこう言われたいと思っていました。
「うちのおばあちゃん、キレイにしてたよね。ネイルも好きでさぁ」
なんて事を言われるような、オシャレおばあちゃんでいたいと。
孫娘と仲良くなれたら、一緒に美味しいもの食べながら、
女子力向上することして、たまには彼と3人でデートだな(笑)
おばあちゃんの25年来の彼氏だって堂々と紹介するんだ。
もうその頃には彼と公認のカップルになってやるからね!
・・・野望が大きすぎますか?(^_^;)(笑)



追伸
私の身体の具合は、特に悪いところはないそうです。
強いて言うなら、血液の循環が良くない(冷え症)ので、
入浴時は湯船に浸かりつつ足裏マッサージすると良いですと。
乳腺外科の受診はとりあえず行ってきます(^_^;)