親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

マーキング。

昨日、彼は大阪へ日帰り出張でした。


その往復は新幹線ですが、
乗り鉄の彼はあえて「こだま」(往路のみ)のグリーン車へ乗り込み
ゆったりとした空間で移動するのですよ。
そして、私とチャットしながら過ごす。


「あなたと一緒に移動している気がするんです。
 これが何よりの贅沢なんですよ」


こんなこと言われるとたまりません(笑)



夜も彼とチャットで話をしました。


私の男性遍歴を確認したがる彼。
お付き合いした人だけじゃなく、
一夜の過ちなどの話まで聞きたがるのです。
付き合ってきた彼氏と二人きりになった時、
どんな事をしていてどんな闇の部分をもってるのか
とにかく全部知りたいのだと・・・


私の彼は変わっています。
見方、考え方の違いでそう思うのかもしれませんが、
付き合ってきた人とのあれこれを聞き、
その上を目指そうとします。


例えば、元彼と行った場所に再び訪れ、
それ以上の思い出を上書きする。


どんなエッチをしていたのかまで聞きます。
今までされた事のないスゴイ気持ち良い事をして、
また上書きです(笑)


とにかく彼は向上心に溢れている。


私の過去を聞いて落ち込むなんてあり得ない。
ヤキモチを妬きたいと言う。


「もっと妬かせて!
 そしたらもっと好きになるから!」


ヤキモチが恋心を向上させるなんて、
私からは理解できない、あり得ないとさえ思う(-_-;)


ふと、彼が7年間付き合ってたという彼女のことが
頭によぎりました。


彼女は、風俗関係の世界に居た人だったと聞いてます。
身体を売って生活していた自分を悔やんで、
その後、彼と同じ会社に入る訳なんですが、
その彼女は、おおいにヤキモチを妬かせたんだと思います。
色んな男性を知ってるはずですし、
とにかく色白で足が長く、
ウエストから腰に掛けてのラインがキレイだったそうです。
でも、美人ではなかったんですって。


「????」


外見的に褒めてても、美人という判断にはならないのね。


共通しているのは、彼の彼女は歴代A型だということ。
私もそうですよ、A型。


父:AB
母:O
私:A


この両親から生まれるA型とは初めてらしくて、
私と付き合ってから、理想かもって言ってくれてます。


「僕と相性良いと思う!」


「自我をあまり出さないで、気持ちだけをストレートにぶつけて、
 後に引かない、簡単に出来る事じゃないと思う」



私ってこういうタイプなんですって。


私は彼の心に、着々とマーキングしている(*^_^*)