親愛なる・・・

既婚者ですから、もう恋愛なんてすることはないと思っていました。
彼と生涯一緒に歩いていくために、気持ちがブレないよう、沈まないよう、ここに記していきます。

ある日の週末デート。

お昼からでしたが、週末は彼と映画を観に行きました。
私と彼の住んでいる市内では一番大きな駅にある映画館へ。
お互い知り合いが居てもおかしくないよねと話しながら
付かず離れずの距離で歩いていました。


まず、彼が私に香水を選んでくれると言うので見に行きました。
先日彼が、自分の気に入った香水で私を仕上げたいと、そう言ってくれたので♬
サンプルの香りをいくつも試すけど、苦手な香りばかり(-_-;)
でも何とか、これなら好きかも!って香りを見つけました。
彼も、変わった香りだね、良いんじゃない?ってことで買ってくれた♬
その時は全く気付いてませんでしたが、彼が選んでくれた香水じゃないと
ダメなんじゃ?結局、私が選んでたじゃん・・・(ー_ー)!!って・・・
でも彼が買ってくれたので、大切に使います。えへへ(^^)


その後は映画館に・・・映画は彼の観たかった「ダンケルク」。
戦争映画が好きなんだと言う。泣けるかな?感動するかな?って、
そういう期待とは全く違い、見終わった後の私は乗り物酔い状態に。
この映画を観た劇場が臨場感が味わえる特別仕様だったらしくて、
空中戦では目が回るし、海上では波の揺れに船酔い状態・・・(-_-;)
だけど、その場にいるかのような緊張感?臨場感がものすごく!
もう終始、気が休まらないわけです(笑)
彼が私を3回見たけど、超真剣な表情で1度も目が合わなかったそう(^_^;)
えぇ・・・私が彼の視線に気づかないなんてある?嘘みたい~(*_*)
とにかく映画の感想は「凄かった」の一言です・・・(笑)


さて映画の後は、ちょっとお寿司をつまみに行きました。
乗り物酔いの余韻であんまり食べられないと思いましたが、
楽しくおしゃべりしつつ、食べたいものだけ頂きました。
この日は健全な?デートだったのでお互いに悪戯心が出てきて、
後ろに立った方が相手のお尻を揉むとか。
彼が私のお尻を揉んできた!と分かると、
見えない様にして透かさず彼の前の方をスリスリして(笑)
なにやってるんだか・・・(^_^;)
そういえば食事した後、お会計で私達の前に並んでたカップル。
度々男性が、私達の方を振り向くのです。
どうして?って思ったら、その男性が彼女のお尻をムニムニしてる(笑)
みんな同じだね~~^m^って、彼と笑い合いました。


彼「結さん、僕のお尻が好きだっていうのが理解出来なかったんだけど、
  確かに僕も結さんのプリプリしてるお尻が好きだなぁって思うね(^^)」


重力に負けてだらしのないお尻ですが、彼はそう言ってくれます(^_^;)
私、男性のお尻なんて全く興味なかったのに、
息子たちのお尻が可愛いなと思い始めて、お尻フェチになりました(笑)
彼のお尻は大きくてタプタプしてて、お餅みたいなのです~
思わずお尻に顔を埋めたいと思います。
でも外なので、お尻を掴んだら即、何事もなかったかのように手を戻す(笑)
ササッ
サササッ・・・楽しい~~(*^_^*)
私は彼に変態と言われます。最高の褒め言葉ですね(笑)